聖書の中の植物を調べてみる   

近くの大学の校庭に植えられていた聖書に出ている植物を、田舎で撮った写真で確かめています

漢方サンシシ山梔子 クチナシのことかぁ


処方箋にはカタカナでサンシシと書かれているので
何だろうと調べたら、山梔子 くちなしのことですって
それなら、これもあっちこっちで見られる木ではないですか


近くを通るだけで、甘い香りがただよう花です


実は、乾燥させて、漬物を漬けるときや、栗を煮る時等に使うのだと、
確か、お義姉さんが言っていた。


漢方薬になるのは、この実がもっと熟してからだろうか?
この中に種が入っていて、その種を乾かすのだろうか?


くちなしは田舎に行かなくても、見ることができるから
機会があったら、実の中身を覗いてみよう


くちなしの種は、天と地が造られたときから、変らずに生き続けている。
楊貴妃が、その昔、くちなしの香りやその他の香を身につけていたとか。
もしかしたら、古代エジプトのミイラつくりや、壁画の染料にも
使われていたでしようか???


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。