聖書の中の植物を調べてみる   

近くの大学の校庭に植えられていた聖書に出ている植物を、田舎で撮った写真で確かめています

えーーーっ漢方に 石 が入ってた !

先生に処方してもらい、漢方の薬局からもらってきた
漢方薬は、一日分ずつ、袋に分けられてはいっている。


煎じた後、どんなのが入ってるいるのかと、開いたら
何か、白いのが一つ光っていた。
なんだろうと、口に入れたら、石のように硬かった。


それが、私の漢方薬の中には何が入っているのだろうと
思って調べてみようと思ったきっかけだった

これは、カッセキ、滑石
滑石かと思ったが、石膏かも知れない。
鉱物ではないのかも知れない。よくわからない。


私の処方箋には、二種類の鉱物が入っていると書かれている
滑石も、石膏も、やわらかくて粉になるものだから
それらは粉状で、目には見えないものかも知れない



古代エジプトの時代より
印章の材料や飾り物として使われているそう。


また、日本では
古墳時代から滑石製の皿、
勾玉などが出土したのが
博物館に保存されているとのことだ。



鉱物とはいったい何だろう。
これまで考えたことがなかった。
神が天と地を造られた
その地を構成するものとして創造されたのだろう。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。