漢方薬で体質改善

高脂血症、緑内障、網膜静脈閉塞、骨盤臓器脱、高血圧、斜視、運動不足、疲れやすい、これらが漢方薬を飲むことで改善するかどうか・・・・お楽しみ日記

海岸の植物 はまごう の利用

面白い。草ではなくて木であった。調べるのは面白い
ただ、見るだけではなくて、はまごうを体験してみたくなった


若葉はそのままサラダに
乾燥してお茶に
葉と実を煎じた液をお風呂に入れてハーブバスにします
乾燥させた葉をそのまま布袋に入れて、お風呂に沈め
葉と実を煎じた液をお風呂に入れてハーブバスに
「浜香」と呼ばれ、安眠できるようにと、枕元に置く


はまごう マンケイシ(蔓荊子)
産地 日本、中国、東南アジア


                  
中国産2016年度        日本産2016年度
(kg)Min(円/kg)Max(円/kg)Min(円/kg)Max(円/kg)日本産希望の会社数
 600        3,300     500     500      1

砂浜の自生植物から漢方薬が採れる?


海岸の砂に、這うようにして花を咲かせている植物を見た
名前は「はまごう」というと、海岸に立て掛けられている看板にあった



漢方薬になるのだろうかと調べてみたら。あった。
マンケイシ(蔓荊子)果実を乾燥したものが漢方薬で使われているとのこと。
 
しかし、こんな小さな花から採れる実は小さいもの。
薬にするためには、広い「はまごう」の畑のようなところがあるのだろうか。
どこで漢方薬として生産されているのだろう??


日本の海岸には、自然な砂浜が少ない





簡単に手に入る猛毒

散歩に出たら、可愛い花が咲いている木が、松の間に一本あった。
枝や葉から見ると、夾竹桃のようです


間違って、枝でバーベキューの串にしたら大変なことになる
花や葉で子供が遊んでも、困ったことになる
剪定した枝でたき火をしても、毒が発生するそうです


漢方薬に、なるのでしょうか




4日間も、早朝散歩ができた

朝、6時半くらいから、外に出た
住まいのすぐ近くに散歩道があるので、どれ程の距離なのか測ってみた。
たった200歩の近さだった。


体調が悪くてその気にならなかってけど
もっと早くから歩いたら良かったと思う
近いし、木陰が気持ちが良いし、
走っている人や、散歩をしている人を見ると元気が出る
今日は50分程、ゆーーっくり歩いた

見えにくいのに、注射の治療は延期

私の右目は、何度も網膜静脈閉塞になって見えにくくなり、4ヶ月か6ヶ月ごとに、目の中に注射をする治療を受けて、その度に改善が見られた。



今回も、視野のちょうど中央に、茶色の輪のような汚れが見える。
それで左目だけではパソコンの字も読めない。



これは半年ぶりの注射だな・・・と思って診察を受けたが、兵庫医大の検査結果をといあわせから、注射をするかどうかを決めると言われた。2週間後になる。


兵庫医大では、斜視の手術のために、MRIを受けたのですが、
画像を見ると、脳内に小さな梗塞の後がいくつか見えたのでした。
それが原因で、眼球を動かす筋肉がうまく動かなくなったために斜視になっているのです


注射治療が受けられないと、我慢するより他に方法はない。もう、これ以上、網膜にも、脳内にも、梗塞が起こらないように、生活改善に真剣に取り組まなくてはならない



朝の散歩40分。歩かないよりはまし程度
食事は減塩の手作り。夜のうちに翌日のお昼に食べる分を弁当箱に詰めて冷蔵庫へ